感染予防対策

Home 貸切バス 感染予防対策

車内の抗菌対策

光触媒ハイブリット銀チタンコート剤「キノシールド」/木下抗菌サービスを使い、車両全体をまるごと抗ウイルス・抗菌コーティングすることでウイルスや細菌を無害化し、接触感染リスクを最大限にカットします。
国立国際医療研究センターとの共同研究において、キノシールドが新型コロナウイルスの99.4%の不活化を確認。(2020年12月15日)

「キノシールド」
酸化チタン(光触媒 TiO2)、銀イオン(Ag+)、可視光ゾル(Pt)
などを組み合わせることで、それぞれの触媒がもつ効果が相乗的に作用して、高い抗ウイルス・抗菌効果、防臭効果を発揮します。
光触媒が太陽や照明の光に反応し、有害な物質を抑制させますが、銀イオンを配合している為、光触媒と銀の結合膜(ハイブリッド銀チタン)を形成し、暗所でも99.4%のウイルスを不活性化するので、感染リスクが最大限カットされます。

キノシールド/木下抗菌サービス

≪CM動画≫ https://youtu.be/v0wefzHoBeM



車内の除菌

上記抗菌コーディング施工を行ったあとも、定期的に除菌作業を行っております 。
安定化二酸化塩素液を微細粒子にすることで、二酸化塩素の強力な酸化分解作用を利用した除菌システムを使用しての車内除菌を行っております 。
「 オキシクリア」 BANZAI

プラズマクラスターイオン発生装置

浮遊ウイルスの作用を抑制し、分解・除去する プラズマクラスターイオン発生装置を搭載して、 車内の空気をきれいに保っています。
※一部車両を除く。

*プラズマクラスターは、シャープ株式会社の商標です。

バス車内のエアコン

走行中は「外気導入モード」を使用して換気を実施しております。前方と屋根上のエアコンから新鮮な空気を取り入れることで、約5分程度で車内の空気が入れ替わります。
( ISUZU ・日野・三菱、公式発表)

≪動画≫ 外気導入モード説明

また、お客様の観光または休憩中などの停車中には、バスの窓を開けての換気と手すりなどの消毒作業を行っています 。

飛沫防止アクリル板の設置

運転席と客席を仕切る飛沫防止アクリル板を設置しております。

乗車前の消毒

お客様が乗車される前にドア入り口前にて手指消毒のご協力をお願いしております。

【お客様へのお願い】
車内における感染防止を図るため、マスクの着用・手指消毒・御手洗ご利用時の手洗い・うがい等感染予防対策へのご協力をお願い致します。
また、発熱のある場合はご乗車をお控え頂くようお願い致します。

非接触型体温計の積込

運行に際しお客様からのご要望に応じて非接触型体温計の積込・ご利用が可能です。
お問い合わせ